仕事帰りに音楽で繋がる出会いの輪

ここは人生の交差点。心地よい音楽と美味しい食事が人と人を繋ぐ。
ここで会った仲間とまた集まる。
寄り道したくなる大人の社交場をお楽しみ下さい。

エントランスフリーでどなたでも ご来店できます! ご予約も受付中
エントランスフリーでどなたでも ご来店できます! ご予約も受付中

80年代後半に単身でNYに渡り、HIP HOPを中心にR&B/REGGAE /DISCO/HOUSE等、全てのDANCEMUSICを武器にあらゆる人種をROCKし続けてきた。
90年代中盤にBUDDHABRANDの一員として帰国後、CLUBのみならず様々なメディアに登場し、 JAPANESE HIPHOPシーンの隆盛に貢献したパイオニアDJである。DADDY’ HOUSEシリーズはトータル15万枚以上を売上たMASTERKEYの代表作。 現在DJキャリア30年以上の日本最高峰DJの一人。

2016年冬、POSSE D、yaaman、EAGLE、Y2H、RHYSK、仕事を通して取引先同士の5人が繋がり活動開始。日々の多忙なサラリーマンライフで感じる物事を、独特のHIPHOP視点に転換している。故に、歌詞へのこだわりも強く、働く者全てに刺さる「共感リリック」をモットーにしている。曲の中でも登場するパンチライン通り、“サラリーマンもHIPHOPなのだ”。

20歳頃から横浜東京のクラブでシンガーとして活動。
2008年から生活をアメリカ合衆国に移し、アメリカでは日本の文化を伝えるイベントやチャリティーイベントでギターとのデュオとして演奏披露をする。
2019年に再び日本へ帰国。上田寛(Pf)とのDUOで主に横浜を拠点の活動。会社員としてフルタイムで働き、母として家事育児をしながらシンガーとしての活動をしている。

本業はWebディレクター。
高校時代、バンドを組みそびれた結果、サークルのライブには1人アコギ1本で弾き語り出演していたちょっぴり悲しい経歴あり。
最近になって「自分の日常のアレコレを歌にして昇華してやりたい」と感じるようになり、スマホにプリインされているアプリで楽曲制作。
1畳ほどのクローゼットに引きこもって収録される、生々しい日常をさらけ出した“クローゼットミュージック”で世に飛び立たんと水面下で活動中。
友人たちの誕生日にはオリジナル誕生日ソングを計10曲制作、付いた異名は“メロディー工場長”。

(K)nightrow

2022年5月ステージデビュー。
秋葉原最大のMIXBAR[Heaven]から生まれたノンバイナリーアイドル。

「この地獄のような世界からHeavenへ」

想天坊とYU-KIの2人からなるシンガーソングライターユニット。
東京を拠点に名古屋、大阪方面で精力的に活動し、ラブソングをメインとする楽曲は幅広い年代に注目を集めている。想天坊名義で配信限定リリースした楽曲「言いたかった..言えなかった..feat.YU-KI」はレコチョク・クラブうたのランキングで1位を獲得。
それをきっかけに“Gear 2nd”として2人で活動している。
楽曲制作のほとんどは2人で行っており、女性をメインに注目を集めている。

ヴァイオリニスト小寺里枝のソロプロジェクトとしてeirという名前で2020年より始動。
名古屋出身。
4歳の時テレビで見た赤いドレスを着たヴァイオリニストに憧れヴァイオリンを始める。
東京藝術大学へ進学しクラシックの勉強を積む。
数々のコンクールで入賞を果たし、オーケストラとコンツェルトを共演や、コンサートミストレスとしてステージを重ねる。
また在学中よりクラシックに留まらず、嵐、ASKA、石井竜也、玉置浩二、B’z、マーク・ロンソン、松田聖子、MAN WITH A MISSION(敬称略)を始め、数多くのアーティストのサポートミュージシャンとしてレコーディングやTV収録、LIVE、ツアーにて演奏するなど幅広く活動している。
近年ではストリングスチームリーダーやヴァイオリンソロとしてツアーを回る事も多い。
2020年8月7日ソロデビューライブを行う。
2022年5月7日JZ Bratワンマンライブsold out。
クラシックに留まらずジャンルを飛び越えた音楽、歌うような音色と情熱的な表現の両面を持った唯一無二のサウンドに定評がある。